PDC 2022 パーマカルチャーデザインコース申し込み開始!

Permaculture Design Courseとは
パーマカルチャーデザインを実際のフィールドで習得する理論と
デザイン実習の両方に力を入れた72時間のデザインコースです。

本コースを修了した参加者は
パーマカルチャーデザイン修了証を受け取り、
パーマカルチャーデザイナーとして活動することができます。

多様な経験と技術をもつパワフルな講師陣!

田舎、都会、郊外での実践方法が学べる!

日本と世界のパーマカルチャー最先端活動を紹介!

多文化パーマカルチャーコミュニティーに参加!

オルタナティブな生き方を探求する参加者との出会い!

増え続ける危機に備えて安心できる暮らしの準備!

消費とお金の依存を減らす!

パーマカルチャー・デザイナー(活動家)への大きな一歩!

フィル・キャッシュマンによるPDC講義の様子
都会を再生したヴィジョン

パーマカルチャーデザインコース2022

一週目 2022年7月27日(水)~8月2日(火) 6泊7日  

場所:パーマカルチャーと平和道場(千葉県) 

二週目 2022年11月3日(木)~11月9日(水) 6泊7日 

場所:パーマカルチャーと平和道場(千葉県) 

※全日程への参加が必要となっています

合計 12泊14日

パーマカルチャーと平和道場の様子

会場(DOJO)の母家
母家の中
夏の様子
廃畳の断熱材と廃材を取り入れた小屋
アースオーブンで焼く天然酵母パン
DOJOは2700坪の敷地
築150年の古民家、アウトドアキッチン、アースオーブン、コンポストトイレ、ミミズコンポスト、自作の小屋 x 3、ツリーデッキ、檜の折り畳み可能なサウナ、竹林、森、フォレストガーデン(果物とナッツ30種類以上)、マンダラガーデン、竹で作った家具、ロケットストーブ、ロケットオーブン、ソーラーオーブン、ソーラークッカー、飲用雨水タンク

会場のパーマカルチャーと平和道場ステイ

(母屋 or キャンプ)-165,000円

会場から車で10分ほどのブラウンズフィールドステイ

(古民家)-183,000円

ブラウンズフィールド(BF)の様子

ブラウンズフィールドのスタッフ用ツリーハウス
母家の中の宿泊スペース
アート性のある自然建築設計(左)土間(右)お風呂
https://romyhiromi.com/brownsfield-202106/より
母家のキッチン
毎年行われる秋の収穫祭

(含まれるもの )
・授業料
・宿泊
・食事
・卒業証書

詳細と申込は下のリンク
https://permaculturedesigncourse.mystrikingly.com

会場(DOJO)裏の夕陽

本間・フィル・キャッシュマン
Permaculture Awa 主宰

https://note.com/p_d_magazine/n/nc73418f5acc8

2007年にパーマカルチャーの創始者、ビル・モリソンのパーマカルチャーデザインコースを受け、「Permaculture Design Certificate」 を手にしてからはパーマカルチャーシステム作りの研究と実践につくす人生。

2010年からパーマカルチャー講師としてコミュニティーガーデン、学校、農園や里山でワークショップを行っています。2012年に千葉県和田町でパーマカルチャーAWAを設立。パーマカルチャーAWAでは大人向けのパーマカルチャーワークショップや子供向けの食育菜園プログラムなどを行っています。

日本各地で学校、地域団体やNPO団体とコラボして、パーマカルチャーシステム作りを実践しています。

パーマカルチャーに取り組む以前、15年のビルダー歴が現在のデザイン研究:コンポストトイレ、雨水貯留や排水浄化システム、自然建築やストーブデザイン又は食作りや土作りを教育やコミュニティー作りとインテグレートするプロセスデザインに役立っている。

フィルのインスピレーションは家族と友達。

「楽しくないと思ったら、デザインを考え直す!」がモットー。

カイル・ホルツヒューター博士
ストローベール建築専門家、一級左官技能士
パーマカルチャーセンター上籾

1977 米国ウィスコンシン州に生まれ
2000 アイオワ州ルーサー大学を卒業(哲学・宗教学)
2000-1 有機農業研修(アイオワ州)
2001-3 自然農法研修(和歌山県橋本自然農苑)
2002-3 赤目自然農塾で学ぶ
2003 オーストラリアでパーマカルチャー・デザイン・コース終了
2003 オーストラリアでエコビレッジ・デザイン・コース終了
2004 オーストラリアでパーマカルチャー講師養成コース終了
2004-5 シュタイナー農法・エコビレッジ研修(ペンシルバニア州)
2006-7 ストローベイル建築研修(ペンシルバニア州)
2011 日本大学大学院博士後期課程を終了(生物資源科学)
2013 タイ王国ダルマ・エコファームにてPDCの主任講師
2016 一級左官技能士
2017 日本ストローベイルハウス研究会 会長
2017 パーマカルチャーセンター上籾 設立
現在、パーマカルチャーセンター上籾を運営しながら、日本大学の建築・地域共生デザイン研究室でストローベイル建築、土建築を研究、日本各地でリフォームと新築を施工、ワークショップ指導等を担当。
天然素材で日本家屋の断熱効果・熱性能の改善、日本の左官文化の保存及び海外への紹介に取り組んでいる。

ソーヤー海
共生革命家、TUP&パーマカルチャーと平和道場主宰

https://tokyourbanpermaculture.com

コスタリカのジャングル生活中にパーマカルチャーと出会い、ニカラグア、キューバ、アメリカ西海岸、ハワイ島、タイ王国、バリ島、イギリス、ポルトガルなどのパーマカルチャーの実践場を訪問する。

2009年に世界的に有名なブロックス・パーマカルチャー・ホームステッドでパーマカルチャー・デザイン・コース(PDC)を受け、その後2年間研修生としてパーマカルチャーを生きる。2011年にブロックスのPDCで教え始め、ソーシャル(人間関係)パーマカルチャーを担当する。

ポートランドのアーバンパーマカルチャー運動にも関わり、福島原発事故をきっかけに都会を変える必要性を感じ、島のパーマカルチャー楽園生活から東京に拠点を移し、【東京アーバンパーマカルチャー】を立ち上げる。ギフト経済を活動の土台にしながら、パーマカルチャー、共感コミュニケーション、マインドフルネス、社会運動を融合した企画やワークショップを世界各地で展開。みんなが活かされる世界を目指して創造的に活動中。

PROJECTS
「パーマカルチャーと平和道場」
(千葉県いすみ市)
Green+ コミュニティーガーデン
(千葉県いすみ市)
Nagatacho Community Garden 屋上ガーデン
(東京都永田町)

BOOKS
【Urban Permaculture Guide 都会から始まる新しい生き方のデザイン】監修
【みんなのちきゅうカタログ】監修
Our Earth Our Home: The Essential Green Living Handbook for Kids】 著者

詳細と申込は下のリンク
https://permaculturedesigncourse.mystrikingly.com

↓は5月27日に行われた説明会と卒業生の話

いかしあうつながりのデザイン
パーマカルチャーの本Retrosuburbiaより
浜松のフォレストガーデンのセクター分析マップ
https://www.permaculturedesignlab.com
未来のシナリオとパーマカルチャーの位置付け
https://ourworld.unu.edu/jp/creative-energy-descent
パーマカルチャーが扱う多様な分野
鈴木菜央作

一緒に希望ある未来を
創造していこう!