【第2期】DOJOボランティアスタッフ募集


日々の生活でパーマカルチャー的生活を実践しながら、DOJOで必要な作業を手伝ってくれる人(期間2か月)を募集中!

DOJOで暮らしながら、食べ物を育てたり、敷地の維持管理をしたり、来DOJO者と接したり、建物を直したり、リトリートのスタッフをしたり

→ DOJOについてはこの記事がおすすめ

第1期として来てくれた2人に、どんな体験をしているか聞いてみたよ。この動画をチェック!

期間

2ヶ月くらい/第2期は11月上旬開始!

*その後、話し合いで延長も可能(お互いに合う新しい形を見つけることも)

ロケットストーブをみんなで作りながら、ソーラーオーブンとソーラクッカーで宇宙(太陽光)料理

条件

ウーフ(WWOOF)やワークエクスチェンジと同じような条件のボランティアスタッフ。

宿泊: 小屋か持参のテント

食事: 食材(ベジタリアン)あり

作業: 週5日、1日6時間くらい

その他: 温シャワーあり。Wi-Fiなし。

  • 募集期間にコミットできる人:★★★
  • 共同生活が楽しめる人:他の人と連携や協力がとれる人
  • 自主的に作業が進められる人
  • 体力がある人:農的暮らしなので体を使う作業がほとんどなのと、複数の人と暮らしたり活動するので精神的な体力も必要
  • 柔軟な人:DOJOは複数の人が関わっていたり、方向性が変わったりするので、しなやかに対応できることが重要
  • 実践的に学びたい人
ニンニク、玉ねぎ、ジャガイモの畝作り

予想される作業

  • ロケットストーブやオーブンで薪料理
  • 掃除や整理
  • 苗の水やり
  • 草刈り
  • 竹切りや竹炭作り
  • コンポストトイレの管理
  • 壊れたものを直す
  • 道具の整備
  • 薪割り
  • 廃材探し
  • 地域の共同作業
  • 小屋作り
  • ミーティング
  • 楽しむこと
  • その他いろいろ
小屋作り

DOJOの状況

ここ3年間(2018-20)は、研修生や「暮らしの実践プログラム」という形で、少人数のチャレンジャーが数ヶ月間住み込みで学ぶ教育プログラムを行ってきた。

新たな実験として、ボランティアスタッフでDOJOのベースを整えながら、より多くの人がDOJOに来て学べる形を模索してみようと思っている。今回の募集は2期目!

まだこの新しい仕組みでやり始めたばかりで常に試行錯誤なので、ともに柔軟に動ければと思っている。そういう学びと貢献の冒険をしたい人 come on!

朝のチェックインと作業ミーティング

採用までの流れ

申し込み → 電話/zoom/現地で面接 → 正式決定

一次募集はとりあえず10月15日まで。

二次募集は10月25日まで。

決まり次第募集締め切り

申し込み

申し込みフォームはここ

問い合わせ

peaceandpermaculturedojo(a)protonmail.com 

(a)を@に変えてね

担当者:みさこ