DOJOのボランティアスタッフ募集!農とホスティングと大工

日々の生活でパーマカルチャー的生活を実践しながら、DOJOで必要な作業を手伝ってくれる人(期間2か月)を募集中!

第二募集スタート!

1。ガーデナー/農スタッフ(多少の農経験がある人)
2。ゲスト受け入れスタッフ(人と接するのが好きな人)
3。大工スタッフ(大工経験がある人)

→定期的に関わりたいけど、今回の応募とは違う形が望ましい人は(例えば、通いがいい人や週数日ボランティアしたいとか)記事の下のメールに問い合わせてください。

DOJOで暮らしながら、農業をしたり、敷地の管理をしたり、来DOJO者と接したり、建物を直したり、リトリートのスタッフをしたり

→ DOJOについてはこの記事がおすすめ


1。ガーデナー/農スタッフ ←一番必要としている役割
DOJOの住人やゲストが食べる野菜やお花を育てる人。苗作り、種取り、DOJOのガーデン整備と必要に応じて拡張、動物対策(キョンとか)。

求めている人

  • 有機農業や自然栽培/自然農に興味があって、多少経験がある人
  • 道具の整備と管理ができる人
  • 創意工夫に意欲的な人
  • DIYやものづくりに得意/好きな人

2。ゲスト受け入れ、来DOJO者の案内スタッフ
DOJOの中心(母家)を整える人。DOJOに来る人に対応したり、日帰りや泊まりのゲストの案内をする人。
*ゲストがいない時は、敷地で必要な作業やガーデニングをする

求めている人

  • 人とコミュニケーションを取るのが好きな人
  • 整理や掃除を進んでできる人
  • 道具の整備と管理ができる人
  • 創意工夫に意欲的な人
  • DIYやものづくりに得意/好きな人

3。大工/DIYスタッフ
壊れている建物を修繕したり、新たに必要な簡単な建物を作る人

求めている人

  • 大工/DIY経験がある人
  • 廃材を集めたり、使える人
  • 道具の整備と管理ができる人
  • 創意工夫に意欲的な人

期間

2ヶ月くらい/10月8日あたりまで

*開始は8月5日以降

*その後、話し合いで延長も可能(お互いに合う新しい形を見つけることも)

条件

ウーフ(WWOOF)やワークエクスチェンジと同じような条件のボランティアスタッフ。宿泊費用(小屋か、持参のテントが可能)はかからない。光熱費(wifiはない)の費用はDOJOが負担。食費(肉/魚は除く)は支給される

作業時間は週5日、6時間くらい

  • 募集期間にコミットできる人
  • 共同生活が楽しめる人:他の人と連携や協力がとれる人
  • 自主的に作業が進められる人
  • 体力がある人:農的暮らしなので体を使う作業がほとんどなのと、複数の人と暮らしたり活動するので精神的な体力も必要
  • 柔軟な人:DOJOは複数の人が関わっていたり、方向性が変わったりするので、しなやかに対応できることが重要
  • 実践的に学びたい人

予想される作業

  • ロケットストーブやオーブンで薪料理
  • 掃除や整理
  • 苗の水やり
  • 草刈り
  • 竹切りや竹炭作り
  • コンポストトイレの管理
  • 壊れたものを直す
  • 道具の整備
  • 薪割り
  • 廃材探し
  • 地域の共同作業
  • 小屋作り
  • ミーティング
  • 楽しむこと
  • その他いろいろ

DOJOの状況

ここ3年間は、研修生や「暮らしの実践プログラム」という形で、少人数のチャレンジャーが数ヶ月間住み込みで学ぶ教育プログラムを行ってきた。

新たな実験として、ボランティアスタッフでDOJOのベースを整えながら、より多くの人がDOJOに来て学べる形を模索してみようと思っている。

8月から10月前半までは、僕(Kai)のDOJO以外の活動が忙しくなって、いない期間も続くので、主にボランティアスタッフにDOJOの管理や発展を進めてもらいながら、僕は来れるときにミーティングをして、必要な作業や学びについて話し合う流れになると思う。

こっちも常に試行錯誤なので、ともに柔軟に動ければと思っている。そういう学びと貢献の冒険をしたい人 come on!

採用までの流れ

申し込み → 電話/zoom/現地で面接 → 正式決定

第一次募集はとりあえず8月3日まで。
第二次募集は8月15日まで。
決まり次第募集締め切り
第三次募集未定

申し込み

申し込みフォームはここ

問い合わせ

peaceandpermaculturedojo(a)protonmail.com 
(a)を@に変えてね
担当者:美紗子