【社会変革】ノンバイオレント・リーダーシップ・リトリート1日目のノート

ノンバイオレント・リーダーシップ・リトリート for Social Justice@広島1日目
二日前から準備で広島に来て
海外のトレーナーと共に空港から直接
広島平和記念資料館に向かった
「たべるたべる」と叫ぶ娘と一緒にいたから
あまり集中できなかったけど
(その命の純粋さに救われている面もある)
体験もしたことのない悲劇を
思い出して心が固まる感覚があった

今も、シリア、イラク、パレスチナ、
アマゾン、香港、ミャンマー、
中国、アメリカ、南米。。。。で
ものすごい暴力的な大惨事が起こっている。

どうすれば止められるのだろうか。。。

そんなことを考えている僕は
とても平和な環境で生活できていることに
大きな感謝を感じている
それも多くの人の努力と愛から
育まれた豊かな世界
ありがとう

そんな感謝の気持ちから
こういう活動をしている

ここ二日、
チームで丁寧に準備を進めていく中で
学んだことを簡単にシェアしたい

僕たちが扱う大きなテーマが「リーダーシップ」
「リーダー」は誰でもなれる
気づかなくっても、様々な場面で
僕たちはリーダー的な役割を担ったりする

このリトリートで僕たちが見つめたいことは

  • リーダーにたいする期待や評価
  • リーダーであるときに、周りの期待から生まれるプレッシャー
  • 周りの期待に応えられないという恐れ
  • 自己犠牲的リーダー像
  • どう評価されるか、されているかが分からない無防備さ
  • その無防備さが表現できない窮屈さ(親でも、先生とかでも感じるよね)
  • ランクが高いときに、ちょっとした表現が引き起こす、痛みや問題

もう一つ、学びになったのがEQUALITY(平等)とEQUITY(公平)の違い

左から右へ現実 平等 公平 解放
NVC(非暴力コミュニケーション)は主に個人レベルの関係性を扱う傾向があるけどそもそもシステムや構造的な差別や抑圧を含めると、もうちょっと複雑になってくる
今の現実は一部の人が様々な特権を持っていて多くの人が資源やパワーにアクセスできない状況が文化、法律、教育などでできてしまっている*ただ、それらは文脈で変わる
平等は、上の絵みたいにみんなに同じ大きさの箱を配ればいいという発想でも、そもそも背の高さが違うと求めている資源にはアクセスができない
公平は、それぞれの状況に合わせて必要なサポートをして同じスタート地点に立てるように工夫すること
さらに解放は、そもそもなんでバリヤー(境界線)があるのかを問いはじめて、それを取り除くことに取り組むこと
って感じで僕は理解している。
みんなが自由に豊かな暮らせる社会を目指して僕は学び続けて、自分の中の愛を育みたい
つづく
リトリートの告知ページにいろいろ参考になる
情報が詰まっているので
CHECK IT OUT!

11月30〜12月7日 2019 ノンバイオレント・リーダーシップ・リトリート for Social Justice@広島

*もうすぐブログとメルマガを移行するよGoogle商品から卒業を目指している最中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です