【SPINNUTSの記事】東京表参道でパーマカルチャー

アーバンパーマカルチャーを体現する「場」を2011年から夢見て、2016年にやっと形にできたのが表参道駅から徒歩3分のCommune Community Garden(制式名所では無い)。Communeというポートランド風の想像的なスペースにあるシェアオフィスのMIDORI.SOの屋上がその「場」。

自由大学の講義という形の企画として、使わせてもらって、Communeに関わる素敵な若者と一緒に立ち上げた。4年間で見てきた空間とその場に育った生態系やコミュニティの進化は、僕にとって多くの学びと気づきと希望をくれた。

そこを一緒に創造しているパートナーが石田紀佳さん。本当に彼女のおかげで夢を形にすることができた。僕と彼女はいいコンパニオンプランツのような関係性って今思った。

彼女が1月2020年の雑誌SPINNUTSに、二人で試行錯誤しながら育ててきたアーバンパーマカルチャーの実験の記事を投稿していた。

僕と視点や表現がちょっと違って、とても素敵な感じでそこのストーリーを描いていたから、みんなとシェアしたくなった。

写真だけど、拡大すれば読めるかも!

来年は、今までとは次元の違う本気さで更なる進化の冒険をすることを決めた。

まあ、今年みたいに来年も全然予想ができない非日常の一年になるかもしれないけど)。でも、コロナ禍もあって、より本気で都会の実践者を増やしたいと気合が入った。そして、命が養われる「場」を都会に生やしたい。命の世界を都会に広げる仕掛け。

来年の自由大学講座「実践!アーバンパーマカルチャー」は9ヶ月のたび

2月27日〜28日のディープなオリエンテーションから始まって
3月28日から毎月第四日曜日に開催される

種まき(単発のワークショップとか)ではなく、しっかり森を育てたい。その森に一緒になる人を探している。ムーブメントを創造する仲間。

自由大学の9ヶ月講座の告知はまもなく。
完成次第、このブログとメルマガに投稿するね。

LETS MAKE HISTORY