【ビル・モリソン】パーマカルチャーをする意味

PERMACULTUREより

PERMACULTURE PRIME DIRECTIVE
The only ethical decision is to take responsibility for own existence and that of our children.
– Bill Mollison

私たちが選べる
唯一の倫理的な選択肢は
自分の存在の責任を取り
子供達の未来の責任を取ること

ビル・モリソン(パーマカルチャーの創始者)

fermentationpodcast.comより

これはパーマカルチャーのバイブルとも言える
Permaculture Designer’s Manualの
最初の方に書かれている言葉 

英語ではパーマカルチャーのprime directiveという
最も重要な指導?
パーマカルチャーをやる意味・意図
そして、創始者の思い

倫理的な生き方
命を大事にしたいのならば
子供の未来を大切にしたいのならば
自分の生活と子供達の生活を
責任もって自分で創造するしか道はない 

パーマカルチャーは
自分の生き方
自分の存在の責任をとる
道であり
世界的なムーブメント

生態系を再生しながら
自分のニーズが満たされる
世界を育てていく

それは、
他の誰かに任せられることではない
本質的な自立の道

実践者になろう !!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です