自分を守るために

今日がノンバイオレント・リーダーシップ・リトリート for Social Justice@広島最終日
こういう非暴力コミュニケーション(NVC)のリトリートでは、嘆きや絶望を多く扱う。深い痛みとつながりながら、それをコミュニティで受け止めて、様々なかたちで癒していく。自分では想像できなかった他の人の苦しみと出会ったり、自分が気づかなかった深い苦しみとつながったり、馴染みがないとあまりピンとこないかもしれないけど、平和な社会を育てるためにはものすごく重要な取り組み。その嘆きの土壌から命のエネルギーに漲っている希望の芽が伸びてくる。
数日前に、コミュニティとしての嘆き題されたセッションがあった。簡単な誘導めいそうのあと、以下の文章を書くことを招かれた
My heart breaks when I see…..〇〇を見た時、わたしの心を打ちくだかれる
My heart breaks when I hear…..〇〇を聞いた時、わたしの心を打ちくだかれる
My heart breaks when I remember…..〇〇を思い出したとき、わたしの心を打ちくだかれる
My heart breaks when I imagine…….〇〇を想像した時、わたしの心を打ちくだかれる
僕の中には次の文が頭に浮かび始めた自分の痛みを認めて、いたわる言葉
ーーーーー
自分を守るために中学生の頃自然に泣くことを押し殺した今でも泣くことが自然にできない悲しみを感じたり、表現することも一部失ってしまった
自分を守るために良い子になろうとしたり優等生を目指して勉強を頑張ったり時には自分の健康や楽しみを犠牲にして夜中中眠い心身にむりやり意味を感じない情報を必死に詰め込んだ
自分を守るために不良にもなってみて自分が感じている社会や家族や自分への不満を同じような苦しみを抱えている仲間と自分の体を傷つけるかたちで表現していた
知らぬ間に純粋で無邪気な存在から危険が多く待ち構えている社会競争しないといけない大人の世界怖い世の中から自分を守るために自分の弱さを抑えて、強くして生き延びようとしていた
強くないといじめられたり賢くないと騙されたり地位が高くないとやりたくないことをやらされたりそういう世界観がいつの間に身についていた
そんな世の中に耐えられなくなって高校生時代のある誕生日夜川に飛び込もうとしたり大学院に向かう朝電車の前に体が吸い込まれそうになったり絶望や深い痛みから生きる意味を失った
でも、なんとか生きることを選び続けた
苦手なことをどんどん克服してなんでもチャレンジして自分の社会的な評価をあげてきて人前で話すことが恐怖だったのに崖から飛び降りるように授業で手をあげて発言したり授業を教えるようになったり拒絶反応を出す心身を無視してステージでトークをするようになったりいつしか「リーダー」のような役割を担うようになった
でも、もしかしたらそれは自分を守るためにやってきたことかもしれない
今は、ちょっとずつ強くない自分を思い出そうとしている2歳の娘のような無防備で無邪気な自分いろいろできない失敗ばかりする不器用な自分
自分を守るために手放してきた自分の大事な部分と再会したい
そして、自分を守るために必死にここまで生き抜いた自分や多くの人々に安心で安全なよりどころを育んでいきたい
弱くていいみんなと違っていい僕たちの存在そのものがギフトだから
一緒に嘆いて一緒に祝おう

生きてきてありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です