活動家の嘆き

調子が悪い
大好きな活動をしているはずなのに
生き生きさ(aliveness)が感じられない
麻痺している感じ

今年は立て続けで
ダウンする仲間がいて
僕への不満や批判を聞いていくうちに
どんどんやるせない気持になっている

知らない人に批判されるのも楽しくないけど
大事にしている仲間から批判を受けるのは
相当辛い
しかも、何人からも

人と一緒に活動するのがメンドクサイ!って、
最近思いはじめた
人と共に何かをすることにさえ
戸惑いや恐れも感じてしまう

朝一に思考が暴走して
人間関係の課題がグルグル
目の前の美しい景色や
瞬間瞬間の感動も見えなくなってしまう

希望を掲げて活動していると
いろんな人の
期待はずれな存在になってしまう
(自分を含めて)
結構なプレッシャーだ〜

多くの矢が刺さった状態で
なお希望のタネを植えたり
育てるのが難しくなる

でも、自分でなんとかできてないから
こういう状態が続いてしまう
仲間に声をかけるのも
ちょっと不安になってしまう

忙しくないからより敏感

これが今の本音

しかも、パーマカルチャーデザインコースで
ソーシャルパーマカルチャーや
コミュニティーデザイン
(人間関係のデザインや工夫)を
担当しているのに。

こんな状態の講師にそんなこと教わっても
希望もワクワクもないよね。

じゃ、なんでこんな事を公開しているのか?

自分が普通の人間(アップもダウンもある)であることを伝えたい

一種のリーダーとしての嘆きの共有(似た立場の人は共鳴できると思う)
実は、孤独な立場なんだよね〜

希望と愛の道をあゆむ辛さのシェア(信じるだけ苦しむときがある)

やさしさとポジティブエネルギーのリクエスト(お願い)

鬱も乗り越えて、散々辛い思いをしてなお
この道を歩み続ける自分へのお祝い

そして、似たよな心境の人たち
または、いつかこうなる人たちに
絶望することも調子が悪くなることも
普通なんだよって伝えたいdon’t worry its normal
暗闇の中でも
一緒に光をともしていこう
そうするとまた美しい光景が見えるはず

読んでくれて
ありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です