【自由大学の講座】実践!アーバンパーマカルチャー2020春

2014年から始めた東京アーバンパーマカルチャーの4D実験。表参道のエッジに、エッジの効いた、コミュニティによる都会のガーデンエコロジー。東京の生態系の世界へ踏み込みながら、意識を変えて、文化の創造者になる講義。楽しいよ!

COME JOIN US!

以下、自由大学のwebsiteより。
(文章がアップデートされてない部分もある)

活かし合う関係性をデザインする

パーマカルチャーという言葉をご存知ですか?1970年代にオーストラリアで生まれたパーマカルチャーは、「Permanent(永続的な)」と「Culture(文化)」をあわせた造語。持続可能な生活・文化・社会のシステムをデザインする知恵のことです。

こう書くと、「高尚な思想を持って、田舎で自給自足」という自分の生活からは遠いイメージがあるかもしれませんが、実はその本質は「活かし合う関係性をデザインする」ということにあります。田舎だろうと、都会だろうと、色々な人やモノが関わりあって成り立っているのは変わりません。だとすると、むしろ人やモノが多い都市にこそ、パーマカルチャーというコンセプトは力を発揮するのではないでしょうか。

01

Problem is Solution/課題あるところに解決がある

環境問題をはじめ、現代の社会問題の原因の多くは都市が発端になっています。しかし、パーマカルチャーには「Problem is Solution/課題あるところに解決がある」という言葉があります。これまでゴミだと思っていたものが実は大事な資源になったり、事件や事故が却って状況をよくするチャンスになったり、全ては創造力次第・・・!そう考えると、一見問題ばかりに見える都会にこそ、多くの可能性の芽があるはずです。

Urban Permacutlureを自分たちのコミュニティで実践するための講義

教授のソーヤー海さんは、パーマカルチャーの考え方を、都市の自然と人間、街との関係にも応用することで、目の前の都市からより大きな世界を変えていくことを目指しています。東京にタネを植え、スキマを見つけてさまざまなことを自分たちでやってしまおう!自らに変革を起こし、実践していく講義です。

ソーヤー 海さんからのメッセージ

何年も育ててきたCommune Gardenのビジョン。やっと実践の時が来た!尊敬しているガーデナー石田のりかさんとCommune 2ndチームと共に、大都会の中のミクロなオーガニックガーデンを実現させる。アーバンパーマカルチャーのモデルケースを目指して、都会の循環型なシステムを計画中。Commune 2ndのフードカートからの生ゴミをミミズコンポストで堆肥にして、堆肥からオーガニック野菜をその場で育て、オーガニック野菜を屋台に活用してもらう。

そんなワクワクのプロジェクトを自由大学と連携して、受講生と手を動かしながら作っていくよ。実践を通して学ぶのが一番!Commune Gardenを作り上げるだけではなく、みんなもガーデナーとして自信をもって、新たな菜園を都会中に作れるようになってほしい。ただ植物を育てるのではなく、土をつくり、生態系に触れて、新しい時代を創造していくコミュニティーになることを目指している。

今期は植物についての内容を強化してやっていくよ!都市にあるCommune 2ndでどんな植物を育てたらいいか、どう育てていったらいいか一緒にやってみよう。そして、Commune Gardenで実験して学びつつ、自分のフィールドでもLet’s try!

関連企画も検討中。スペシャルゲストも現れるかも!受講生はスケジュールに余裕をもって参加してもらえると理想かも。時間枠内に作業が収まらない可能性があるので。OK, lets garden!!!!

石田紀佳さんからのメッセージ

パーマカルチャーの哲学を、共生革命家の海さんと通じて学ぶ講座はわたしにも刺激的でした。
だからより多くの方に触れていただきたいなあと思っています。

今回は春の天然自然を街の屋上で感じます。
植物たちもわたしたち動物も変化していますね。
過酷な夏をこえた秋のガーデンのような人間になりたい。
パーマカルチャーの哲学ももっとディープな面にアプローチ!

都市の屋上という通常の日本列島の風土とは違う場所で、どんな生き物たちと遭遇し、わたしたちがどう変わっていくのか、すっごく楽しみです。

明治神宮の百年の森の草木から、これから生まれてくる屋上の沙漠的環境の草木たちとナマで知り合っていきましょう。
東京にいながらにしての地球散歩だよ。

講義計画

フィールドワーク

明治神宮の散策

明治神宮の散策をしながら森の仕組みや植物について学びます。

第1回

Urban Permacultureって何?

まずはパーマカルチャーとは何か、歴史と倫理、デザインの原則を学んでいく。そして、なぜいま、都市でパーマカルチャーなのか。世界の現状を踏まえた上で、講義とディスカッションで掘り下げていく。

第2回

ガーデンづくりについて

ガーデンイングの基礎について学び、今回みんなで作る屋上菜園の特徴(可能性と難しさ)を話し合う。ミミズコンポストなどの土作りから、土の選び方、種や苗のお話など、ガーデンニングを実践するために必要な知識をカバー。

第3回

ガーデンづくり実践

都市、屋上、水、土、光、風。
状況、条件に合わせてどんな植物が良いか、どんな植物を植えたいか考え、実際に手を動かして植物を植えるための準備をする。

第4回

ガーデンづくり実践(植え込み)

土を入れ、植物を植える。植える植物の組み合わせ、外からの見え方、成長後の状態などについても考えてみよう。

第5回

ガーデンの今後と シェアリング

今後、Communeガーデンが進化するための仕組みや工夫をみんなと考えながら、学んだことを振り返り、みんながこれからどう実践するかをシェアリング。

教授

みんなへのメッセージ 実践と学びのお誘い2019年の自由大学の参加者に送ったメール

kai sawyer

norika ishida

教授

norika ishida

キュレーター、手仕事研究家

展覧会企画、執筆、手仕事の材料となる植物の育成を通して、美術手工芸品を紹介している。
東京の自宅と神奈川県の里山とを往復し、 半自給自足の暮らしをしながら、「自然と人と技術=魔法」について実践考察中。
「 新しい自分になるマーマー☆スクール」にて講師を務め、自然と手仕事の豊かさを暮らしに取り入れることを目的としたワークショップ形式の「魔女入門講座」は、実生活に役立つ発見に充ちていると好評を博している。
植栽プランに、ニッケコルトンプラザ「手仕事の庭」、かぐれ表参道店「街野原」、世田谷ものづくり学校の「巡る庭」など。
旧環境省のエコロジー教育のためのサイト(現EICネット)「この指とまれエコキッズ」のコンテンツ執筆。
著書に『藍から青へ  自然の産物と手工芸』(建築資料研究社)、『草木と手仕事』(薫風堂)、『魔女入門 暮らしをたのしくする七十二候の手仕事』(すばる舎)。

日程

フィールドワーク:3月29日(日)10:00-11:30

第1回:3月29日(日)12:30-14:00

第2回:3月29日(日)14:30-16:00

第3回:4月18日(土)10:30-12:00

第4回:4月18日(土)13:30-16:00

第5回:4月19日(日)13:00-16:00

詳細・申し込みは自由大学のHPより。「実践!アーバンパーマカルチャー」

by fuji-chan

*****
CLASSES
*****

Permaculture Design Course パーマカルチャーの全体像を二週間かけて学びたい人向け(4月21〜27日&6月29〜7月5日)

パーマカルチャー実践コース9月1〜7日(パーマカルチャー的な要素をいろいろ作る講座)とアドバンスド・デザイン・コース11月24〜30日(パーマカルチャーデザインをしっかり学びたい人向け)も行われるよ

パーマカルチャーの全体像を二週間かけて学びたい人向け(
*パーマカルチャー実践コース(パーマカルチャー的な要素をいろいろ作る講座)とアドバンスド・デザイン・コース(パーマカルチャーデザインをしっかり学びたい人向け)も行われるよ

Peace and Permaculture Dojo 暮らしの実践プログラム 一年を通してガッツリパーマカルチャーの理解と実践を深めたい人にオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です